噂のポケットティッシュドットコム

珍しい情報を多く載せています!!

役に立つポケットティッシュ

毎年春から5月の終わりにかけてが苦痛で仕方ありません。花粉症に苦しめられるからです。鼻がムズムズ…かんでもかんでも不快感が残り、しまいには鼻先が赤く剥けてしまうほどです。したがってポケットティッシュの携帯は欠かせません。大体一日に5つは使ってしまいます。ポケットティッシュを使っていると感じるのが、様々な種類があるということです。銀行や商店の宣伝、はたまた防犯や交通安全の啓発に至るまで、カラフルで興味を引くものが多くあります。中の宣伝文句も考えられたものが多く、企業のPRに大いに役立っていることでしょう。ところで私はポケットティッシュを購入した記憶がありません。なぜなら、街や駅前で受け取ることが多いからです。それだけ宣伝効果が高いのかもしれませんね。花粉症の季節はもちろん、色んなシーンで活躍するティッシュをこれからも活用したいです。


必要なときに見当たらないポケットティッシュ

出先で食事をして少しこぼした時や、花の調子が悪い時にはポケットティッシュが欲しくなります。しかし、そういう時に限ってポケットティッシュが見当たらず困る事が多いような気がします。ハンカチに関しては帰宅後に毎回洗濯籠に入れるので、次の外出時にもチェックしようという意識が高まります。外出先で使い切ってしまってもその場で補充することは難しく、自宅に帰るまでに無くなったことを忘れてしまうせいで、気が付くと持っていなかったという事態に陥るのではないでしょうか。困ったことにならないようにするには、外出する直前に毎回チェックする事が大切だと思います。出掛けにハンカチを持つ時に一緒に意識できるように、ハンカチの近くにセットしておくと良いかもしれません。もし複数持っていてもかさばる物でもないので、急いで出かけなくてはならない時は、無くなったかのチェックは行わず取りあえず一つ持っていくのも悪くないのではないでしょうか。


息子がポケットティッシュをもらいたがる

我が家は都心から少し離れたベッドタウンに住んでいます。普段は近場にお出掛けしかしませんで、週末は大概スーパーでの買い出しで終わってしまいます。たまたま息子の靴を買いに都心に出たのですが、地下街を歩いてるとチラシやポケットティッシュを配っている人がいますよね。あまりそうゆう光景を見たことがない息子は、何かくれるということが嬉しかったのか、どんな人からももらっていました。ひどい時には一度また戻ってもらうことまで。親としては恥ずかしいからやめて欲しいとお願いしたのですが、何が楽しいのかやめてくれませんでした。その地下街だけで10個以上のポケットティッシュを頂きました。後日、また地下街を歩くことがあった時には、なんと20個も。恥ずかしいやら情けないやらで、しばらく息子のブームは続いたのです。我が家にはその時のポケットティッシュが未だにあります。お陰で買わずに済んでいます。

Starburst Theme designed by Claire
powered by WordPress 4.2.3 | valid XHTML and CSS