子供用のポケットティッシュを選ぶ基準

毎朝必ずと言っていいほど持ったか聞くものといえば、ハンカチ、ティッシュ、鍵です。これだけは絶対忘れてはならないものです。様々あるポケットティッシュですが、我が家は大きさで選んでいます。子どもの洋服のポケットに入るかどうかというのが第一の基準です。それの基準を満たしていて更に求めるのは柄です。大人にとってはどうでもいいことなのですが、子供同士で見せたりするのに、かわいい柄が良いといいます。幼稚園の頃はキャラクター系のものを買っていましたが、小学生になると趣味も変わるようで、ちょっと大人っぽい柄のものを選ぶようになりました。更に香りも選ぶときの重要ポイントになっています。花粉症の時期はともかく、香りがある方が一日がハッピーになれるといいます。子供のポケットティッシュは本人を連れて行って選ぶのが一番だと思っています。でないと、これは嫌だと言われてしまい使わないとまで言われてしまうこともありますから。


子育て中にはありがたいポケットティッシュ配り

独身の頃はめったに使わないという理由から、購入することはまずなく、下手すればかばんの中に入っていることすらなかったポケットティッシュですが結婚し、二児の母となったいま、お出かけの時の必需品となりました。食事の際の食べこぼし、幼児は季節の変わり目ごとに風邪もひくので鼻水、よだれ対策にもかかせません。児童館に出かけた今日も一袋ではたりませんでした。、以前は通行中に呼び止められ渡されるティッシュ配りを煩わしく思っていましたが、最近はすすんで受け取るようになりました。本当ならボックスに入ったものを持ち歩きたいほどですが、おむつやら育児グッズでカバンがいっぱいなので、そうもいかず・・・ショッピングモール等の外出先でも手軽に手に入るのはありがたいです。今現在は、基本、無地のものを購入したり、街頭で配っているものを利用していますが買い物に行くとかわいらしいキャラクターもののポケットティッシュがたくさんあり、子供が見つけては騒いでいるので、近いうちに購入することになりそうです。


最近減ったポケットティッシュの配布

町中を歩くと色々なところでポケットティッシュを配っています。外国からきた人は驚くことがあるそうです。ティッシュは高価なものなので、無料で配られているとはなんて太っ腹なんだと思う視たいです。ポケットティッシュは企業などの宣伝のために配られています。キャンペーンをする知らせが書いていたり、新規オープンの案内だったりします。今のようなネット環境がなかったときは、大人の出会いの場を提供する案内だったりして、子どもなどには配りませんでした。その時は道を歩けばあちこちで配られていました。最近はネット上で出会える機会が増えたので、わざわざティッシュなど必要なくなりました。そのため街中でのティッシュ配布も減ったのです。最近は携帯電話会社や消費者金融などがあります。ただのチラシより、ティッシュをつけることで受け取ってもらるのがティッシュ配布の良いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*